格安・安い 「ビジネスホテル・シティーホテル専門」、 出張マッサージのヤマベ屋は東京都心部のホテル中心に廉価かつ高品質な 出張マッサージを完全交通費無料で提供。 各種キャンペーン割引も豊富。

格安・安い 「ビジネスホテル・シティーホテル専門」、 出張マッサージ ヤマベ屋へようこそ

 0800-800-1240

「深夜割引」のご案内です。23 pm~24 amの間に「マッサージがスタートする時間での割引です!!」受け付けは22 pm~23 pmの間に電話予約のみ。詳細は下記より!!

交通費無料 新宿区

新宿6丁目エリア

更新日:

新宿6丁目エリア

 

「格安・安い、出張マッサージのヤマベ屋」は東京都心部のホテル・自宅へ、廉価かつ高品質な出張マッサージを完全交通費無料で提供。

各種キャンペーン割引も豊富。「格安・安い」出張マッサージを新宿区の自宅でお楽しみください。

東京都新宿区新宿6丁目エリアの自宅での出張マッサージご案内です。

 

❶「新宿区新宿6丁目エリア」のマップ

 

❷東京都新宿区新宿6丁目18-XX エリアのご自宅に「出張マッサージ」に来ました。

 

「靖国通り」を飯田橋方面から、「市谷見附」をこえ、防衛省を右に見ながら、靖国通りを都営新宿線の曙橋がある、住吉町を右折。今は台場にあるフジテレビが以前あった場所。

なだらかな坂を上がる。右側は余丁町。この坂を上がりきると「抜弁天」。そこを左に行くと、新宿歌舞伎町へ。右へ行くと若松河田駅へ。

抜け弁天の手前の狭い一方通行を左に入ったあたりへ来ました。私の車が通ると歩行者が端へ寄ってくれないと、危ないくらい細い道です。あまり来たくない感じの、エリア。なんせ狭いから・・・。「出張マッサージ」終了を待つ間の待機のことを考えると気が重くなるからです。コンビニとかの駐車場でもあれば、少し「出張マッサージ待機」可能ですが、こんな住宅街では、期待できないからです。案の定、結局、後ろから車も来たのでコインパーキングにいれて、お客様のマンションまで向かいました。無事、出張マッサージ・スタッフも入りました。

短い1時間コース、ということで、待機するしかありません。コインパーキングに入れたので、今から恒例の「新宿区6丁目」を散策します。現在7pm。

すこし「さびしい」商店街になっていて、以前はもっとお店も多かっただろう、という感じです。お店は現在まだ営業中なのが、「布団や」「焼き鳥屋が2軒」「書道教室(自宅で)」「クリーニング屋」「コインランドリー」「寿司屋」「パン屋」・・・、くらいか?!。ほとんど、自宅兼という感じ。でも「布団や」は不思議?!全国どこにでもあり、平成の今でも、残っている。あれ?!この「峰屋」というパン屋さんは聞いたことが?!また、外観も見た記憶が?!とおもって、検索したら、出てきました。「ヒルナンデス」だったか?!ハンバーガーのバンズを色々なグルメバーガーのお店に卸しているという有名なパン屋らしい。入口にはたくさんの発送用=運搬用のパンのケースが積まれ、来たお客さんだけを相手にしている普通のパン屋とはすこし趣が違う。7pmで終了らしく、買ってみようと思ったが・・・閉店の模様だし、パンも残っている気配がない。あきらめる。お店の並びにも「峰屋」と表示のある別のビルがあり、セロテープでお客さんお名前なのか、30くらいガラスに貼ってある。たぶん店先のパンのケースに、焼き立てのパンができたら、その「セロテープ」を張って車で運ぶのだろう。勝手に想像して、ワクワクしてます。出張マッサージ・ドライバーにとっては楽しくも暇な待機時間。

散策してたら、「出張マッサージ・終了」メールが来る。終了後のスタッフをピックアップして、再びコインパーキングから、狭い一方通行を抜け、東京医科大学医学部看護学科の脇を抜け、イトーヨーカ堂食品館新宿富久店の前を通り、靖国通り、富久町の交差点へと出る。次は「グランニッコー台場」*で予約があり、向かう。

 

❸「新宿区新宿6丁目エリア」近くの「出張マッサージでよく来るエリア(町名)」

 

富久町

東京都新宿区のほぼ中央部に位置する。富久町の北東から東は新宿区余丁町・市谷台町・住吉町に接し、また南は同区愛住町・四谷四丁目・新宿一丁目に、西は新宿五丁目・六丁目に接する。富久町の南端付近は靖国通りに接している。外苑西通りが町域内の靖国通りにある富久町西交差点を始点にして南に向かって伸びている。富久町は主に住宅地として利用される。富久町の一部はバブル時代に地上げに遭って多くの家屋が立ち退き虫食い状態になってしまった。この場所は近年再開発が進み2002年には超高層マンション(ローレルコート新宿タワー)が地上げ跡地に建った。また西部の西富久地区では、早稲田大学の協力のもと、再開発が行われ、富久クロスが完成。

余丁町

旗本の組屋敷であったところで、この町が4条あったので東大久保四丁目と呼んでいたが、1872年大久保前町と合併したのをきっかけに縁起の悪い「四」を改めて大久保余丁町とし、1911年に余丁町となった。この当時の小字として「抜弁天」が挙げられる。「大久保」と付いていることからもともと大久保村であり、大久保村の中では唯一東京15区発足時から区部(牛込区)であった町である。坪内逍遥や永井荷風の住んだ町でもある。 住居表示実施に伴う町名整理で「東新宿」となる予定であったが、住民の運動により1986年に余丁町のまま住居表示が実施された。

 

 

-交通費無料, 新宿区
-

Copyright© 格安・安い 「ビジネスホテル・シティーホテル専門」、 出張マッサージ ヤマベ屋へようこそ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.