シティーホテル

 

「出張マッサージの利用場所」としての「シティーホテル」、についての説明です。

多様化する「出張マッサージの派遣先=お客様の利用場所」の「シティーホテル」のご案内です。

宿泊機能だけでなく、様々な設備を備えた「シティーホテル」の紹介です。

 

格安・安い、出張マッサージのヤマベ屋は東京都心部のホテル・自宅へ、廉価かつ高品質な出張マッサージを提供。

「JR 山手線」の内側は完全交通費無料エリア。

「JR 山手線」の外側は「マッサージ時間の条件」で交通費無料になります。詳細は「出張エリア」参照ください。

また「各種キャンペーン割引」も豊富。「格安・安い」出張マッサージをのさらに激安に、コスパよく、ご利用ください。

「出張エリア」の詳細はこちら

「キャンペーン」の詳細はこちら

出張マッサージの利用場所として「シティーホテル」について、不明点・質問は下記より遠慮なくお電話で問い合わせください。

 

フリーコールで電話をかける (186)08008001240

 

❶ 出張マッサージの利用場所としての「シティーホテル

「出張マッサージの利用場所」として「シティーホテル」について。

ビジネスマン、そして観光客も東京への出張や観光でなどで1日を超える場合は宿泊施設が必要となり、当店でもやはりホテルからの依頼が多くなります。

 

ホテル(仏: hôtel)とは、出張中のビジネスマンや観光旅行者などのための宿泊施設をいいます。

語源はラテン語の「ホスピタリア」であり、無償の接待部屋という意味。

コンベンション場や宴会場、結婚式場、プールなどを完備し、政府レベルの国際会議が開かれるような大型ホテルから、小規模なものまで様々ある。

なお、ホテルと類似した施設として、ユースホステル、ペンション、コテージ、ウイークリーマンションやマンスリーマンションなどの短期賃貸マンション、そして民宿などがある。

ホテルの分類に関して明確な区分があるわけではなく、国や運営事業者の自称による。

 

シティーホテル」は都市中心部や駅周辺に立地するホテル。

シティーホテル」という言葉は、1794年にニューヨークに出来たシティ・ホテル(74室)で最初に使われ、以降、世界中に普及。

都心部一等地に立地するため投資コストが高く、また集客力も高く、大規模で多機能なものが多い。

日本では、都心のいわゆる繁華街に立地する大型ホテル。

一流ホテルといわれる多くはこれに入る。

投資コストが高い反面、集客力も高いため、大規模かつ多機能。宿泊施設以外に、カフェレストラン、バー、洋食から中華、和食などの飲食=料飲施設、結婚式やディナーショー、講演会などのイベントが可能な宴会場があり、また様々なテナントも入っているケースも。

他にもプール・スポーツジム・スパ等のリラクゼーション施設を設置している「シティーホテル」も多い。

全国規模の業界団体として、1903年創立の一般社団法人日本ホテル協会と1971年設立の一般社団法人全日本シティホテル連盟があり、前者は(構造上の)シティホテルおよび同等の設備を持った都市型リゾートホテルのみが正会員であるため、「ビジネスホテル」との判別の目安となる。

「ビジネスホテル」。詳しくはコチラ

 

❷ 「シティーホテル」から出張マッサージのご予約をする際の注意事項

➀ その「シティーホテル」から「出張マッサージは呼べる、呼べない」?!

 

そのホテルは「出張マッサージが呼べる、呼べない」?!

当店「格安・安い 出張マッサージ ヤマベ屋」は健全なる出張マッサージ店」ですが、お客様が宿泊されているホテルが「出張マッサージがよべるか、どうか?」については難題が横たわっています。

一般的に「シティーホテル」といわれるホテルは問題ないと思われます(100%ではありませんが・・・)。

ビジネスホテル」については基本的には「シングル」の部屋は「出張マッサージを呼べないのが普通です」。

しかし、そんなにフロントの従業員もすべての人間の「出入り」に気を配っているわけではありませんから・・・。厳しいホテルは「呼べない」ということです。

しかし多くのお客様はそんなことを想像していませんし、せっかく東京出張や観光で東京に来た、いわば一つの楽しみ、もしくは疲れを癒したい・・・ということで「出張マッサージ」を依頼してくるはずですから、その期待にはお答えしたい、「ヤマベ屋」は考えています。

出張マッサージが「呼べる、呼べない?!」は、時間帯や、面白いことに担当者(その時にフロント業務につく)などの要因でも大きく違ってきますので、電話予約の際に確認ください。

最近は大手ホテルチェーンが追加料金で入館をさせる方向に舵を切り、その他も追随しつつあります。

よってシングルユースでは入館できるが「追加料金を取られる」という方向へ・・・シフトチェンジしていっている状況?!

② 便利なWEB内、検索機能

「そのホテルが出張マッサージを呼べる?呼べない?」が分かります。

ポイント

「ホテル名」、「東京の何区?」などを検索下さい。

➀"そこ"で出張マッサージを呼べるか?(呼べないホテルもあります)、シングルルームだと「追加料金」を取られるホテルもあります。

②「交通費は無料、別途?」・・・などが該当ページで判明します。

③"そこ"で利用可能なクーポンは?

ここから検索ください。

 

③ お客様へお願い

 

ホテルへ入館の際やエレベーターの操作時にルームキーが必要なホテルに関してはお手数ですが「お客様のお迎え=お待ち合わせ」が必要ですので、ご協力のほど、ご了解ください。

最近は新しい「ビジネスホテル」はすべて上記の様にルームキーが必要ですし、従来はセキュリティーがなかった「シティーホテル」もこのパターンにリニューアルすることが一般的になっています。

 

④ 基本的には「シングル」の部屋は「出張マッサージを呼べないのが普通です」。

 

これはあくまでも、「常識的には」ということです。

シティーホテル」といわれるホテルは問題ないと思われます(100%ではありませんが・・・)。

問題は「ビジネスホテル」なのです。

ホテルの客室について・・・。

「シングル」は1名用客室のため、基本的には「出張マッサージ」を呼べない部屋です。

「ダブル」(ダブルサイズベッド1台を設けた2名用客室)もしくは「ツイン」(シングルサイズベッド2台を設けた2名用客室)は2名用客室のため、「出張マッサージ」を呼べる部屋です。

 

そうは言いますが、「呼べる、呼べない?!」がホテルによって、フロントにいる担当者によって違うのです。

しかし、フロントが優しい方ならば「出張マッサージ」を大目に見てくれるでしょう。

❸ 出張マッサージの利用場所としての「シティーホテル」の帝国ホテルに到着

いつもこんな感じで仕事してます。

© 2020 「ビジネスホテル・シティーホテル専門」、 出張マッサージ ヤマベ屋へようこそ Powered by AFFINGER5