タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージ

「早割り」のすすめ

当店、ヤマベ屋の「タイ古式マッサージ」の紹介ページです。

80分コースから提供可能です。

当店の「早割り」(16 ~18 pmまでのお得な割引)をご存じですか?

タイ古式マッサージ」をお得な「早割り」でいかがですか?

まずは、「早割り」のすすめ、です。

「早割り」。詳しくはコチラ

当店「ビジネスホテル・シティーホテル専門」出張マッサージのヤマベ屋(都心部は自宅も可)の営業時間は夕方16 pmスタートです。

予約受付終了は深夜1 am時です(現在はコロナ禍のため、24 am深夜終了)。

どうでしょうか?!

一般的に出張マッサージ店は「夜型の営業時間」(19 pmスタートから、朝方5 am辺りまで。)が多いかと思いますが、その中で当店は早い時間に営業がスタートするお店の一つと思います。

曜日に限らず、『「出張マッサージ」を受けてから、出かけたいので・・・』というお声を多くいただき、開業13年を迎えますが、当初の19 pmスタートから、徐々に早まって今や16 pmスタート。

2022年からは、15 pmスタートする予定です。

それに伴い終了時間も、早まってきました。

当初は4 amまで頑張ってきましたが、時代の流れもあるでしょうか、私の年齢も大いに関係することですが・・・。

57歳、出張マッサージ ヤマベ屋の店長です。

そんな中、開業当初より当店のキャンペーンの中でも人気があるのが、この「早割り」です。

自然発生的に「出張マッサージ」を受けたくなった、というより、この時間に「出張マッサージ」を受けてから、次に何をするという予定が決まっているお客様が多いような気がします。

旅行から帰ってきたのか?!幸せそうなご夫婦で出張マッサージを受ける(=「カップル・マッサージ」)、もしくは、リフレッシュするため、もしくは体調管理の一つとして「出張マッサージ」を依頼する・・・、そしてまたビジネスの世界へ戻る・・・というような。

会員のお客様には、15 pm到着でのご予約も、東京都心部でしたら可能です。

前日予約要。

早割り」については前日予約可です。

このページでは、世界一気持ちいいともいわれる、タイ古式マッサージを紹介しています。

「キャンペーン」の詳細はこちら

「早割り」。詳しくはコチラ

① 「早割り」のお得な料金について

通常料金から2,000円(自宅は1,000円)割引

⑴ 60分   8,000円 ➡ 6,000円

⑵ 80分  12,000円 ➡10,000円 「タイ古式マッサージ」提供可能

⑶ 100分 15,000円 ➡13,000円 「タイ古式マッサージ」、オイルマッサージ提供可能

⑷ 120分 18,000円 ➡16,000円 「タイ古式マッサージ」、オイルマッサージ、オイルリンパマッサージ提供可能

「早割り」。詳しくはコチラ

❶ タイ古式マッサージとは?!

タイ古式マッサージとは?!

タイ古式マッサージ(タイこしきマッサージ、通称: Nuat phaen boran、タイ語: นวดแผนไทย)は、タイ伝統の一種のマッサージであり、指圧による揉み動作だけでなく四肢を曲げ伸ばすストレッチを含んでいる。

「古式」とあるが、西洋近代医学を取り入れたアレンジも行われており、宮廷に伝承されたものには、本来ストレッチの技法はない。

「Nuat phaen boran」を正確に翻訳すると古式マッサージないし伝統的マッサージであるが、現在、タイマッサージ、古式マッサージ、伝統的なタイのマッサージ、タイのヨーガマッサージ、タイの古典のマッサージ、タイの整体、受動的ヨーガ、あるいは支援つきヨーガとしても知られている。

本来タイ式医療(英語版)の一部であり、長い伝統医療、宮廷医療としての歴史がある。

1990年代にスパにおける健康法・美容法として行われるようになったタイ古式マッサージ

現在知られるものは、1980年頃を境として、タイ政府の後ろ盾を得ながら復興・構築してきたタイ式医療の一分野、タイの無形文化遺産であり、観光文化のひつと目されている。

近年では、タイ以外の国々でも健康法やリラクセーションとして親しまれている、のはご存じの通り。

① タイ古式マッサージはインド発祥?!

タイ式マッサージは本来タイ伝統医療の一部であるが、タイの伝統医療はインドで成立した仏教医学やアーユルヴェーダの影響を受けていると考えられ、伝統的な体液理論を特徴としている。

被術者はマッサージのコースの間に多くのヨーガと同じ体位をさせられるのが特徴である。

シャーマニズムやアニミズムとも深く関わっており、本来ボーンナイフを使った荒療治や聖水を使った徐霊や薬草学等と組みあわせた古式総合医学として認知するべきであるが、マッサージ手技のみクローズアップされ現在に至る。

この独自のタイ式マッサージ施術法のルーツは、およそ2500年前にさかのぼると考えられている。

タイではシバカゴーマラバット「Javika Kumar Baccha」として知られるブッダの主治医によって、タイに導入されたと信じられている。

仏教の伝来と共に伝来し、タイの寺院で発展した。

宮廷でも医療の一環として行われた。

アユタヤ朝時代の文献「ナラーイ王の薬方」には、マッサージが宮廷で治療法として用いられたことが記録されている。

宮廷の中にはマッサージ師という職位があり、比較的高い地位であった、ことも報告されている。

しかし、1887年には王立シリラート病院が開設され、宮廷医療と栄養近代医療が併用されたが、1915年にタイの伝統医療による治療・教育が禁止され、医療の現場では、タイ式マッサージ施術は行われなくなった。

➁ 観光コンテンツとしてのタイ式マッサージ

その後はタイでも伝統医療復興運動がおこり、タイ政府は自国の伝統医療を再びその中に取り込み始め、1980年代から始まった「タイ・マッサージ復興プロジェクト」、1990年の「タイ式医療の制度化」で医療に復活した。

また。早稲田大学スポーツ科学学術院の小木曽航平は、1970年代後半から1980年代前半にかけて、タイ古式マッサージに注目した外国人がタイの学校に学びに来るようになり、この流れもグローバル化に寄与していると指摘している。

政府の再編成によって、タイ式マッサージは「タイ式医療」を構成する一分野として体系化されていった。

タイ古式マッサージは、政府の再編成で医療としての価値と文化としての価値を高めた、それによって経済的価値をも高めた。1992年にタイで初めてスパが開かれて以来、スパはタイの代表的な観光地となり、現在ではタイ政府が推し進めるヘルスツーリズムの中核的な観光資源となっている。

また観光体験としても人気がある。

③ タイ古式マッサージの分類

タイ古式マッサージは、主にそのスタイルによって、大きく2つの流派に分けられている。

タイの公衆衛生省は「宮廷式」と「民間式」に分けて考えており、宮廷式は指圧を中心としたマッサージであり、民間式はストレッチをよく用いるマッサージとして区別されている。

また南北で分ける考え方もあり、南部式スタイル(俗にバンコクスタイルと呼ばれる)では指圧療法が強調されるのに対して、北部式スタイル(俗にチェンマイスタイルと呼ばれる)にはストレッチ動作が多い。

しかし、ワット・ポー伝統医学校(ワット・ポー・トラディショナル・メディカル・スクール:WTS)のスタイルでは、指圧の他に、患者の腕を伸ばしたり、腰を捻ったりするストレッチの要素が含まれている。

観光客向けの店や日本の店ではワット・ポー式のタイ・マッサージを行っていることが多いため、タイ古式マッサージとはストレッチの技法を使うものだと思われがちだが、宮廷に伝承されるマッサージにはこうしたストレッチの技法は存在しない。小木曽航平は、ストレッチの技法は比較的後年になってから付け加えられたもので、この改変はワット・ポー伝統医学校が中心となって行ったとされていると述べている

④ タイ古式マッサージの施術順序

現在よく見られるタイ古式マッサージは次のとおりである。

⑴ マッサージ被術者は着替えた後、マットレスの上に横たわる。

⑵ マッサージ施術者は手と前腕を使って強固なリズミカルな圧力を被術者の体のほとんどすべての部分にかかるように押す。

⑶ 一般にマッサージは体の「SEN」(と呼ばれるエネルギーライン)に従う。

⑷ ある動作では、施術者の脚と足は被術者の体あるいは手足を固定させるために使われ、またある動作では、手で体を固定しながら足でマッサージをする。

⑸ 通常オイルは用いられないが、時々被術者の体を暖め静めるために熱いハーブの包帯が使われる。

⑹ 一般にタイのマッサージのフルコースは2時間あるいはそれ以上続く。

⑺ フルコースには、手指、足指、耳などを引っ張り、指関節をほぐし、被術者の背中を踏み、回転する動きなどで被術者の背中を弓なりに曲げることを含む。マッサージに標準的な手順とリズムがある。被施術者は仰向けになり、足の施術から始まる。施術者は呼吸の速さで被施術者を圧迫していくことが理想とされる。

大きい集団マッサージでは、大部屋に10人以上の被術者が入れられ、施術者たちが集団で一斉にマッサージ手順を行うこともある。

⑤ タイ古式マッサージの今

タイ古式マッサージは、タイのスパ産業の中心となっている。

国内のみならず、タイ国外でも人気となっている。

タイではタイ古式マッサージの学校が開かれており、国内外の生徒が学んでいる。

たとえば、外国人に認知度の高い学校として、現在タイ伝統医療の象徴として人々に認識されている仏教寺院ワット・ポーと深いつながりをもつワット・ポー伝統医学校がある。

1957年に設立され、おおよそ1970年代後半から1980年代前半にかけて外国人も学ぶようになり、近年ではワット・ポー伝統医学校の生徒の8割は外国人といわれる。

マッサージの学校には、タイの教育省から認可されている学校もそうではない学校もある。

タイ古式マッサージを習得した外国人の中には、帰国してタイ・マッサージ学校を開くものも多い。

⑥ 当店、ヤマベ屋の「タイ古式マッサージ」の動画

❷ 当店の紹介動画

① 当店、ヤマベ屋の「各種割引」の動画

➁ 当店、ヤマベ屋の「ABOUT US」の動画

❸ 当店について

当店「ビジネスホテル・シティーホテル専門」出張マッサージのヤマベ屋(都心部は自宅も可)の「タイ古式マッサージ」のご案内です。

「JR 山手線」の内側は完全交通費無料エリア。

一部の「JR 山手線」の外側の出張エリアは交通費別途ですが、「80分コース12,000円・割引」、「100分コース15,000円・割引」で交通費無料になります。

詳細は下記「キャンペーン」から。

当店の出張エリアは「環状七号線」までです。

それより外側は問い合わせください。

詳細は出張エリア参照ください。

また各種キャンペーン割引も豊富。

「ビジネスホテル・シティーホテル専門」出張マッサージのヤマベ屋(都心部は自宅も可)をのさらにお得に、コスパよく、ご利用ください。

「ビジネスホテル・シティーホテル専門」出張マッサージのヤマベ屋(都心部は自宅も可)は東京都心部のホテル・自宅へ、リーズナブルで、廉価かつ高いスキルで高品質な出張マッサージを提供。

「出張エリア」の詳細はこちら

「キャンペーン」の詳細はこちら

❹ 当店へのお問い合わせ方法

「ビジネスホテル・シティーホテル専門」出張マッサージのヤマベ屋(都心部は自宅も可)のHPにお越し下さりありがとうございます。

 

当店「ビジネスホテル・シティーホテル専門」出張マッサージのヤマベ屋(都心部は自宅も可)の「タイ古式マッサージ」のご案内です。

「ヤマベ屋」についての不明点・質問・予約・・・などは下記より遠慮なく「電話」、「問い合わせ・フォーム」からどうぞ。

① 「お問い合わせフォーム」:メールでの予約は、返信に時間がかかる場合があります。営業時間中(16-深夜1時、土日祝日は深夜24時まで)にメールをして10分以上返信がない場合は電話をしてください。

「お問い合わせフォームはこちら」に

② 電話

フリーコールで電話をかける (186)08008001240

© 2021 「ビジネスホテル・シティーホテル専門」、 出張マッサージ ヤマベ屋へようこそ Powered by AFFINGER5